【続】はりきゅう穏 店主のブログ

当ブログは、引越しいたしました。
最新のブログは、
http://blog.hari-on.com/ です。
ブックマークなど変更お願いします。
03
2017

宮城県の旅 飛行機編、耳痛対処法付き

CATEGORY日記

先日、東北の宮城県に旅行してきました。

母、子供、僕のメンバーです。



飛行機で行ってきました。


最初、母から宮城県に行きたいとの発案があり、

飛行機は乗ったことはあるけど、自分で手配したことないし、

そんな旅行会社に足運ぶ時間もないし・・・

どうしようと思ってたら・・・




さすが、イマドキ。

『じゃらん』でぜ~んぶまとめて、予約が取れました。

「JALじゃらんパック」のレンタカー付です。

ホテルも、飛行機の座席も、レンタカーもぜ~んぶ手配してくれます。

便利っす。








今回の旅のポイントはやっぱり母。

年齢を重ね、歩行がうまくできなくなっている。

なので、極力歩かせないがテーマでした。



そうそう、だから、先日大阪空港に下見しにいったのね。

下見記事はこちら

これは、導線をみるため。

エスカレーター、階段、スロープがダメなので、上下の移動はエレベーター

なので、エレベーターの位置の確認。

途中にトイレがどこにあるかなど・・・

最短コースを視察です。




おかげで保安検査まではスムーズにいけましたが、

搭乗口がまさかと一番端っこ。

これはあせりましたよ。

あれだけ、時間に余裕を作ったのにギリギリでした。




そして、飛行機へ・・・

娘は初飛行機。



子供には、プレゼントがもらえました。


P1190800.jpg



テイクオフ



P1190727.jpg



そして、娘は、耳が痛いと。

実は、僕も、メッチャ耳が痛くなるタイプで、

初めて飛行機を乗ったときは、耳の痛さで

気失うかと思うほど痛かったんです。



同じタイプかぁ。



痛みまで、出だすとなかなか治りません。

そこで、帰りは、自分がやっている耳痛くならない対処法を伝授したら

帰りは痛くなかったそうで、よかったよかった。




では、

ちょっと、鍼灸師らしくカラダの話も付け加えておきましょう。



ほんまに痛くなりだしたら、どうしょうもなく痛い。

たまらん。


で、これは、気圧の差によって起こります。

厳密にいえば、自分をとりまく外気圧と、自分の体の中の気圧(とくに耳の内部)との

不一致です。



飛行機が上昇や下降をすると、気圧が上がったり下がったりします。

けど、その耳の中の圧力がそれに合わせて、

上がったり下がったりしているわけではないので、不一致が生じます。

それが痛みを生み出します。



おもに着陸時に起こることが多いのですが、

着陸のため降下しはじめてから、

定期的に外圧と自分の体の中の内圧を一緒にする必要があります。



耳には、鼻につながっている管があるのですが、

ここと、外圧を一緒にするんです。

しかも、定期的にがポイントです。

差が大きくなりすぎて、痛みが出だすと多分何をしても

差がうまりません。

だから、定期的にです。



その管の圧力を外気圧と同じにするやり方ですが、

意図的にあくびが出せるのであれば、それがベストです。

実際にあくびがでなくても、あくびするくらい口をあけるのが有効です。

ツバを飲み込むという方法もありますが、ツバを飲み込んで、内圧を調整できる程度の方は

多分、痛くなるほどにはいたりません。

逆に言えば、痛くなる人は、ツバを飲み込む程度では治りません。



ポイントは、

上昇もしくは、下降時に、

【定期的に】

【口を大きくあける】です。



これで、僕は今回乗り切りました。




以上、宮城の旅、飛行機編です。

今度、折に触れて、

宮城県の話が登場するかと思いますが、またかと思わずに

読んで下さい。





スポンサーサイト

スポンサーリンク






0 Comments

Leave a comment