【続】はりきゅう穏 店主のブログ

25
2016

JR福知山線廃線敷(武田尾出発編)宝塚→西宮

CATEGORY日記

2016年の紅葉を見に、


JR福知山線の廃線敷に行ってきました。

現在の、生瀬駅と武田尾駅との間にあるハイキングコースです。



以前から、あったようなのですが、

このたび、正式なハイキングコースとして

整備されたようです。



生瀬駅出発でも、

武田尾出発でもよいみたいですが、

なんとなく、生瀬出発バージョンが多そうなので、

生瀬駅に最初向かったのですが、

周辺に駐車場が一切ありません。



なので、急遽、

武田尾を目指しました。

33号線の山道をひたすらいくと武田尾駅に着きました。

駅周辺には、駐車場らしきものがいっぱいありますが、

定期契約のものもあるらしく、一時預かり分はさほど

多くなさそうです。

軽自動車サイズがまだ残っていたみたいですが、

普通車サイズは、ラスト1台やって、止めれてよかったです。



周辺には、警察車両が待機していて、路駐禁止の

アナウンスを車が通るたびにしていました。



いざ出発と思ったら、どっち向いていけばいいかわからない。

適度に両方向に人が散らばっていました。

正解は、駐車場(駅)からだと、川の下流に向かって少しいくと、

ハイキングコース入口の看板があります。




電車が走っていたところなので、

枕木が残っていて、

道中にはトンネルが、たしか7つほどあったと思います。


写真(枕木と奥にトンネル)

P1180653.jpg


ずっと川沿いを

歩きます。

P1180686.jpg


武田尾側が上流となり、

最初は、左岸を歩いていて、

途中で一個鉄橋を渡ります。


P1180698.jpg


ここから、終点生瀬までは、

右岸を歩きます。


今回新しく作ったであろう柵があります。

P1180705.jpg


柵があっても近づくと結構怖いです。

古い柵もあります。

おそらくこれは、線路を使った柵ではないでしょうか?

一番上の棒は線路っぽく見えます。

P1180715.jpg


なんといっても、トンネル内には

照明がないので、懐中電灯を照らしながら

歩くのが魅力です。

ながーーーーーーいトンネルから

短いトンネルまで、様々あります。




そして、

生瀬川に到着。



P1180716.jpg


途中引き返すことも考えていましたが、

全行程歩けました。


途中で抜ける道などもなさそうだったので、

行くか戻るかです。





子供連れでのんびり歩いて、

3時間チョイくらいでした。



道中トイレがありません。

後半は、トイレしたいとの闘いでした(笑)



生瀬側入り口に簡易トイレがありました。

駅までが微妙に遠い。


生瀬駅到着

P1180718.jpg


電車で、

生瀬→西宮名塩→武田尾

で、元の出発地点に戻ります。

正味3駅分を歩いたことになります。


P1180721.jpg


やっぱり、

生瀬出発のひとのほうが圧倒的に多く、

武田尾駅に着いたら、帰りの人で

トイレ、ホームがごった返していました。



ちなみに生瀬駅はガラガラ



武田尾駅から、みた現役のJR路線

P1180720.jpg


武田尾駅出発で正解でした。




そして、駐車場にもどり、

帰路にむかいましたとさ。



スポンサーサイト

スポンサーリンク






0 Comments

Leave a comment